FC2ブログ

山菜栽培とシオデ(ひでこ)苗の生産販売を始めた行政書士・土地家屋調査士のブログ

冬支度完了

初雪はすっかり消えてしまいましたが、間もなく本格的な雪の季節が到来します。
柿・畑
自宅敷地内の家庭菜園はモミガラと米ぬかをまいて耕しました。

庭
庭木の冬囲いをして、苗は庭の片隅に移動しました。
冬には、この場所が除雪した雪の堆積場所となります。


苗置場
事務所横の苗置き場も日よけを撤去して苗を整理しました。
中央のスペースは除雪機の通り道となります。

本格的な寒さと降雪の前に、なんとか冬支度を終える事が出来ました。
加齢と共に、下半身の寒さが身にしみるこの頃です。

シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m




モミガラくん炭焼き

近所の農家からモミガラを分けてもらって、モミガラくん炭を焼きました。米缶・煙突
昔の玄米保管用の缶を利用します。
この方法は月刊誌「現代農業」に載っていた方法です。


開始
缶の底に種火を焚いてからくん炭焼き用の煙突を立て、モミガラを投入して焼き方開始です。


3時間後
3時間ほどしてから、減った分のモミガラを追加してさらに焼き続けます。


6時間後
開始から6時間ぐらいすると、こんな風に焼き上がります。
ジョウロで水を少しかけてからビニールで覆い、コムバンドをかけて密閉し、空気を遮断します。
冷却
降雨に備えて蓋をし、風で蓋が飛ばないように重しを載せて一晩冷却します。
翌朝にはサラサラのモミガラくん炭ができあがります。


均一に真っ黒なくん炭にするのは少々コツがいりますが、何度か焼くと解ってきます。
このくん炭は、育苗箱の土やポット苗の培土に混ぜて使います。
今年の春に2回焼きましたが、秋までに使い切ってしまったので今回は3回焼きました。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  






シオデ苗の植え替え

植替前
秋の彼岸ごろになると2年物の苗はこんな状態になります。
来年3年物の苗として販売するため、植え替えをします。


根切り
ループ根
伸びてループ状になった根を切り詰めます。


植え替え
2年目より一回り大きなポットに、新しい土を使って植え替えます。


植替後
植え替え完了です。




シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜


優良児(苗)と落ちこぼれ(苗)

シオデの苗も個性があります。
優良苗
先月鉢上げした1年物の苗の中に、やたらと育ち具合の良い個体が数株ありました。


不良苗
手前の苗は、鉢上げした後に枯れてしまった苗です。
昨年までは、鉢上げした後で肥料焼けして枯れる苗が1割以上ありましたが、今年は、鉢上げポットの土を肥料分の少ない配合に変えたので、枯れる苗がほんの少ししかありません。


2年物
今年の2年物の苗は、あまり良くありません。
一昨年、育苗箱に播種した後に、夏期の水管理が悪かったため、翌年の発芽率が極端に落ちた苗なので、2年後になってもあまり良く育ってくれません。

苗作りはとても奥が深いと思うこの頃です。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m



シオデの雌株に実がついた

シオデの雌株に実がつきました。
庭シオデ結実
庭に植えたシオデの雌株に実がつきました。
庭に植えた数本のシオデは1本だけが雌株で、今年も実をつけました。
春の萌芽は雄株の方が見事ですが、残念な事に雄株から種を採ることは出来ません。


プランター
3年前に植えたプランターのシオデは、植え替えもせずにほったらかしておりましたが、右側の株が結実しました。

プランターも結実
地植えのシオデよりは弱々しい感じです。


1年物
7月下旬に育苗箱の新苗をポットに鉢上げしました。

1年物鉢上げ
鉢上げした新苗は、遮光ネッの下で養生しながら散水管理をして大切に育てます。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜





庭のシオデ2代目発芽

庭のシオデの2代目が自然に発芽しました。
庭の赤シオデ

自然に発芽

一昨年の秋に庭のシオデから自然に落ちた種から新芽が発芽しました。
この写真は6月14日に撮影したものです。

中央右側が親シオデの茎です。
この写真からは8本の新芽が確認出来ます。
裸の種も20個ぐらいは確認出来ます。

このように、シオデは自然に増殖しますが、実際の自然界でシオデが群生しないのは、
太陽光の争奪戦で雑草に負けたり、虫に食われたりして生き残る個体が少ないせいだと思います。

また、自然に発芽した新芽は、苗箱に播種した新苗よりは弱々しい感じがします。



庭のシオデ
この写真は6月29日に撮影したもので、上の写真と比較すると2週間の成長具合がわかります。

上の写真中央部のシオデを収穫する場合は、あと30㎝~40㎝程度伸びた頃が収穫適期となります。

山菜採りの場合は、この状態でも収穫してしまいますが、栽培している場合は収穫後もシオデが成長できるよう、
脇芽が育つように下部を残してあげましょう。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜




シオデの種蒔き

5月下旬、昨年の秋に採取したシオデの種を蒔きました。
苗箱全景
今年は育苗箱24個に約16000粒の種を蒔きました。

昨年の秋に優良な個体から採取して冷凍保存していたシオデの種を解凍し、液果から種を取り出して播種します。
ブドウのような液果から種だけを取り出すのは、根気のいる作業です。

秋に採取し、種を取り出して秋の内に播種する方法と、種を地中に埋めて越冬してから春に播種する方法は文献にも載っておりますが、冷凍して越冬する方法は文献では見かけませんでした。
私のシオデ栽培は、7年前に「村おこし集団プロジェクトS」の代表で、地域のシオデ栽培の先駆者である下田さんからもらった冷凍種子から始まった訳で、これまでに様々な方法で播種し、苗を育ててきました。

試行錯誤の末に、越冬すると雪の重さで育苗箱が破損するリスクを避け、育苗箱の管理期間を短縮するため、冷凍種子を春に播種する方法が自分には一番良いとの結論に達しました。

晩秋の種子洗い出し作業と種蒔きは、冷え性である私には向いていません。
私にとっては、暖かい春の作業の方が向いております。


選別1
選別2
優良な個体から採取した種子であっても、大きさや形は様々です。
大粒で形の良い種を根気よく選別します。
この作業は大変根気のいる作業で、妻の協力なくして成り立ちません。
妻は数日かけて1万数千粒の良い種を選別してくれました。感謝感謝。


播種状況
播種の密度も数年にわたって試行錯誤の末、セルトレ-の穴を利用して等間隔に播種する方法にたどりつきました。
この方法も、まだ進化の途中で、毎年苗の育ち具合を見ながら進化を続けることになります。
この上に2㎝程度の覆土をし、充分に散水します。


播種実験
今回は、選別して除外した種も試験的に育て、研究材料にする事にしました。
結果が出るのは1年後です。

今回蒔いた種は、今年の7月から8月にかけて発根し、来年の春に桜の咲く頃新芽を出します。
一番上の写真の左側の新苗は1年前に今回と同様に種を蒔いたものです。
昨年から今年にかけては半数が失敗となりましたので、今年から来年にかけてはリベンジしたいものです。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜




最強の赤色系シオデ

赤色系のシオデは元気に育つようです。
赤系1
5月下旬に頭頂部を収穫した赤色系のシオデです。
この個体は脇芽の生長が良く、脇芽も収穫できそうです。


赤系2
これも頭頂部を収穫したあとの赤色系のシオデです。
この個体は上の写真の個体より脇芽の数が少ないようです。


赤系3
この個体は太くてまっすぐに育っておりますが、脇芽の数は多くありません。


畑1
この個体は一昨年まで一番成長の良い株でしたが、昨年から本数が増えて芽が出るものの、細くなりました。
これは赤色系ではなく、緑色系の個体です。

シオデは不思議な植物です。
赤色系、緑色系、紫色系の個体があるようですが、詳しい文献はありません。
山取りしたシオデの種から苗を育て、定植して8年目となる私の畑には様々なシオデが育ち、
シオデの種類や生態について詳しく観察できるようになりました。

私には特性別に優良なシオデの品種を開発する将来の夢があります。

赤色系と緑色系の種から育てた苗を5年前に植え付けてありますが、赤色系の種から全部赤色系の子が育つのか、
赤色系の種から他の色の子が育つのか、2~3年先でないとわかりません。

今年の秋に一番上の写真の個体から種子を採取して2世を育てても、結果がわかるのは8年程先になります。
なんとも気の長い話になりますが、チャレンジしてみようと思います。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ




シオデ萌芽・初収穫

「ひでこの里」は田植えが真っ盛りとなりました。
田植えの季節はシオデの季節です。
収穫
平成21年の秋に1年物の苗を植えた畑からシオデを今季初収穫しました。
50aの畑から収穫出来るのは、1回に一掴みか2掴み程度です。


畑・萌芽-1
畑・萌芽-2
上の写真は5月24日撮影で、下の写真は5月27日撮影です。
3日間でこれだけ成長します。


立ち上がり
みごとに立ち上がった赤色系のシオデ。
赤色系のシオデが他の系統より早く萌芽するようです。


太いシオデ
指の太さと比べてみました。

5月の連休に草刈りした畑は、雑草がだいぶ伸びてきました。
今年も、本業の合間をぬって雑草と格闘する日々が始まりました。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m


失敗苗とループ根の実験

発芽に失敗した苗を整理しました。
発芽失敗
左が発芽に成功した苗で、右が失敗した苗です。
前のブログには、失敗した苗箱も1年間管理して様子をみるように書きましたが、苗置き場の有効利用を考え、一つにまとめて植え替える事にしました。

発芽成功苗
成功した苗は、こんなに元気に育っております。


苗箱植替
失敗した10個以上の苗箱から発芽したシオデは数える程しかありませんでした。


ループ根1
ループ根2
こちらは、2年物の植え替え時にカットしたループ根から新芽が出るか実験した写真です。
昨年6月にカットしたループ根を苗箱に入れて覆土し、ほかの苗と同様に水やりして管理しました。
一箱のループ根から2つの新芽が発芽したようですが、立派な新芽とは言えませんでした。

株分けによって苗を増やす方法もあるそうですが、実生で増やす方法が私には一番合っていると感じました。

発芽に成功した苗は、久しぶりに立派な苗に育っています。
杉林に播種した苗箱を並べて自然に任せても、その年の気象条件によって発芽率が大きく変動します。
播種してから発芽まで1年間の日照と水分の管理がいかに大切かということが栽培7年目にしてやっとわかりました。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜

シオデの萌芽始まる

ひでこ畑のシオデの萌芽が始まりました。畑1

畑2
ひでこの里も、田植えの季節となり、栽培しているシオデの萌芽が始まりました。



苗1年物
1年物の新芽は、発芽した苗箱の方は順調に育っています。
失敗した方は来年まで管理して、来年発芽するかどうかを見極めます。


苗2年物
こちらは2年物の苗です。
秋まで育てて、来春に3年物苗として販売します。


苗3年物
3年物の苗はだいぶ売れました。
元気には発芽した苗から順に発送しておりますので、春苗は冬期に予約してお買い求めになった方が良いと思います。

4月末の連休から、本業そっちのけで農作業を続けてやっと一段落しましたが、これからは溜まった本業を処理するため
残業続きの忙しい日々がしばらく続きます。

倒れない程度に頑張るのですが、還暦を過ぎてからは気力体力の低下が著しいと実感するこの頃です。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2


にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜










新苗の半数発芽せず...

昨年の春に育苗箱に蒔いたシオデの種は、半数が発芽しませんて゜した。
1年目
シオデの苗づくりは根気のいる作業です。
失敗の原因は播種した育苗箱の管理方法の違いです。

発芽した方は、2年物・3年物の苗と同じ場所で水やりして管理したもので、
発芽しなかった方は、杉林の中で自然に近い環境に置いたものです。

試験的に育苗箱の置き場所と管理方法を替えてみたのですが、こんなに
違いが出るとは思いませんでした。

杉林の中は適度な湿気が有るのでこれまでは自然に任せても良かったのですが、
昨年は降雨量が少なく、育苗箱の中の種が乾燥してしまったようです。

育苗箱の乾き具合を見て時々水やりをしたのですが、甘かったようです。

今年は播種した育苗箱をすべて他の苗と同様に水管理し、来年には全部から
新芽が発芽するようにしたいと思います。


2年目苗
これは2年物の苗です。
来年3年物として販売するため、もう一年育てます。


3年目苗
これは販売中の3年物の苗です。
2年物より発芽の時期が遅くなりますので、同じ日の写真でも年数によってこんなに違いがあります。


ひでこ畑
畑の方はまだほとんど発芽しておりません。
連休は一人で3日間、シオデ畑の草刈りをして畑もきれいになりました。


タラノメ畑
タラノメ畑も、施肥・草刈り・剪定の作業があり、毎年ゴールデンウイークは畑作業に追われます。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜

桜満開・シオデも新芽が...

桜が満開となり、シオデも新芽が顔を出しました。
桜満開
自宅そばの公園の桜が満開となりました。
角館の桜も満開です。



3年物発芽
3年物苗の新芽が次々と顔を出します。


1年物発芽
昨年の春に蒔いた一年物も顔を出し始めました。

今週後半から苗の発送を始めます。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜



桜咲きシオデ発芽

桜の開花が始まり、シオデの新芽も顔を出し始めました。
桜
発芽開始
3年物の新芽発芽第1号

梅の花
梅の花は散る直前です。

すいせん
スイセンの花は真っ盛りです。

桜の開花と共にシオデも次々に新芽を出します。
来週からは、予約をいただいているシオデ苗の発送を開始する予定です。



角館の武家屋敷のしだれ桜と桧木内川堤防の桜も咲き始めました。
今週末から来週が見頃となりそうです。
連休には葉桜となってしまいそうな感じです。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m





やっと雪が消えて...

やっと雪が消え、ひでこの里にも春が訪れました。
畑
今年は昨年より10日程早く畑の雪が消えました。


プランター
プランターのシオデは庭の梅の木の雪囲いの中で冬を越しました。



苗置き場
先日除雪した苗置き場も雪解けが進んでいます。




苗
ポット苗の状態を確認するため、シオデをポットから取り出してみました。

新芽

枯れた昨年の茎の横には、しっかりと新芽が育っておりました。

桜の花が咲く頃には、新芽が顔を出すはずです。

土の中に新芽が出来ていても、地上に顔を出さずに1年休んだりする個体が毎年1割弱程度あります。

シオデは不思議な植物です。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m





雪の下から苗が出現

雪の下からシオデの苗が現れました。苗出現
数年ぶりの暖冬も終わりに近づき、山里にも春の訪れが感じられます。
苗の予約も昨年より増えてきており、4月下旬の発送を希望するお客様の声もあります。
そんなお客様の希望に応えるため、雪の中から苗を掘り出しました。
こうしておくと新芽の発芽は格段に早まります。


苗置場
夏期に使用している苗置き場の雪もだいぶ消えてきました。


白い花
庭の隅の木の下の雪はとっくに消え、白い山野草の花が咲いて春の訪れが感じられます。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜



モーグルWCと上村愛子&「ンダッチ」??

今年もモーグルワールドカップ田沢湖大会を観戦しました。ンダッチ
秋田県のキャラクター「ンダッチ」と記念写真をとりました。
「んだ」は、「そうだ」「そうです」の意で、おなじみの方言です。
それをもじって「ンダッチ」...
ナマハゲとカミナリ様も連想する姿ですが、なかなか愛嬌があります。


会場
エアー
田沢湖スキー場では、昨年に続き二回目の開催となり、会場の設営も大会の運営も昨年より良くなっておりました。
晴天で絶好のコンデションに恵まれ、世界トップレベルのモーグル競技を生で見ることが出来ました。


上村愛子
大会アンバサダー(親善大使)の上村愛子さんが会場内のミニFMラジオ放送で決勝戦の実況解説をしてくれました。
実況ブースのすぐ前まで行けたので、かわいい笑顔をパチリ....


表彰
表彰式では受賞者に副賞の一つとしてJAより「あきたこまち」20キロが贈呈されました。
門脇仙北市長が昔懐かしい「米俵」の「あきたこまち目録」を贈呈した一コマです。

競技会場の隣に仮設されたフードコートでは、「熊汁」「山の芋鍋」などの郷土料理や「横手やきそば」「本荘ハムフライ」などのB級グルメも味わう事が出来、充実した一日を過ごすことが出来ました。
特に、地元のマタギがつくった「熊汁」は絶品で、冷えた体もホカホカになりました。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m


熟年夫婦でスキー

今シーズン4回目のスキーに妻と二人で行ってきました。
田沢湖を望む
自宅から車で40分程走れば田沢湖スキー場に着きます。
この日は晴天で田沢湖が良く見えました。

足下のスキー
白樺
上部のリフトは白樺林の中を通っています。
白樺に着いた霧氷と雪がきれいです。

国体コース
久しぶりに上級者向けの国体コースを滑ってみました。
昔取った杵柄とは言え、若い頃の感覚を思い出しつつも、シルバー券利用の熟年スキーヤーらしくケガをしないよう、慎重に滑り降りてきました。

ロコモコランチ
昼食はロコモコランチを食べましたが、ご飯が鍋の底の部分だったらしく、とても硬くて残念なランチとなりました。

今回は70代と思われる熟年スキーヤーも結構見受けられました。
爺さんグループはもちろんのこと、婆さんグループも見かけました。
自分たちも先輩スキーヤーに負けないよう、まだまだスキーを続けたいと思います。

スキーは昼食時間を含めて3時間も滑れば疲労感が出てきますので、ケガをしないうちに近くの温泉に直行です。
スキー場が近いので、夕方になる前に自宅に着いてしまいます。
気持ちだけは若いつもりの、熟年夫婦のスキーライフです。

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜

暖冬の雪中シオデ

今年は積雪が少なく、我が家のアケビ棚にからまったシオデの実がまだ残っていました。
アケビとコデコ
このシオデは5~6年前に植えておいたものです。

自宅に庭のある方は、シオデをあちこちに植えておけば、ほったらかしでもけっこう育ちます。
ただし、雑草と間違えて刈り取ったり、除草剤をかけたりしなければの話です。
私は、目印の棒を立ててシオデの場所がわかるようにおります。



h27庭
昨年1月下旬、我が家の庭にはこんなに雪が積もっていました。


庭
今年はこれだけしか雪がありません。

スキー場も雪不足ではありますが、それなりに滑走出来るようになり、趣味のスキーも楽しめるようになりました。

冬の日課である朝の除雪作業をしなければならない日が格段に少なく、なんとも楽な冬となりそうです。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜


シオデの種子を冷凍保存

シオデの種を蒔く来年の春まで、種を冷凍保存しました。
種1種は、10月に優良な個体から採取しておいたものです。


種2レジ袋に入れて無造作に作業場に置いていたため、少々白カビが発生してので、水道水で洗いました。


種3

種4
一房ずつまとまっているものは手でバラして冷凍用のビニール袋に入れて冷凍します。
今年は10パックほど冷凍保存しました。

来年の5月ごろ播種すれば、8月に発根し、再来年の春に発芽します。
なんとも気の長い話です。

初雪は一度積もりましたが、その後は暖かい日が続いており、除雪作業がないため楽な年末となりましが、
正月休みに趣味のスキーが出来るように山にだけは早く雪が降る事を願っているこのごろです。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m


降雪直前のシオデ

今年の秋は比較的暖かい日が続き、初雪がまだ降りません。
庭のシオデ1
今年は庭木の雪囲いを簡略化し、ネットで包み、ぐるぐる巻きにしてみました。
いつもの撮影場所から撮した庭のシオデは、枯れているため、写真ではよく分かりません。

庭ののシオデ2
庭のあけび棚のそばに生えているシオデの晩秋の姿です。

プランター
プランターのシオデも枯れ果てました。
今年は植え替えをするつもりだったのですが、まだやれません。

苗移動
苗は除雪した雪の影響を受けない場所へ移動しました。

11月中旬、娘がハワイの教会で結婚式をあげるため4泊6日のハワイ旅行を楽しんできました。
もちろん人生初のハワイ旅行です。
ダイヤモンドヘッド写真は、「日の出観賞ツアー」で暗い内からダイヤモンドヘッドに登り、山頂で日の出を見た後、下山した時の記念写真です。
ハワイは多くの日本人観光客で賑わっていましたが、中高年は少数派で多くは若い人たちでした。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m







シオデの冬支度

「ひでこの里」の秋は深まり、冬支度が真っ盛りです。

畑1

畑2
先週末から暇を見つけて作業していたシオデ畑の冬支度がやっと終わりました。
優良な株から種を採取した後、実が付いている雌株を幹刈りし、ジャムづくりに挑戦しているムラの仲間へ提供しました。

春に張ったマイカ線を回収し、残った雄株と雑草を刈り倒して冬支度の完了です。


庭のシオデ@
庭のシオデもすっかり枯れてきました。

1年物苗
苗置き場の日よけも撤去しました。
これは今年の春に新芽を出した1年物の苗です。

2、3年物苗
こちらは来年の春に3年物として販売する苗です。

晩秋の北国は、一雨ごとに寒さが厳しくなります。
暖かい晴天の日に冬支度を進めておかないと、冬は駆け足でやってきます。

まだまだ冬支度に追われる日々が続きます。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m





玉川温泉~焼山縦走

紅葉の玉川温泉から後生掛温泉にかけて焼山縦走コースを妻と二人でトレッキングしました。
玉川温泉
後生掛温泉に車を止めて路線バスで玉川温泉まで移動し、縦走開始です。


案内看板
登山道は玉川温泉の岩盤浴のエリアから始まります。
焼山の案内看板がありました。


登山者
登山道はこんな感じで、紅葉の真っ盛りです。


焼山噴火口
2時間以上かかって焼山の噴火口を望む「名残峠」にたどり着きました。


毛氈峠を望む
焼山避難小屋付近で昼食の後、毛氈峠を超えて無事に後生掛温泉に降りることが出来ました。

前日まで雨天が続いていたので登山道の状態はイマイチでしたが、好天に恵まれて気持ちの良いトレッキングが出来ました。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m




シオデの実が熟し、5回目の草刈り

稔りの秋、シオデの実が紫色に熟しました。
熟した液果


盆前に4回目の草刈りをしたのですが、すっかり伸びてしまい、5回目の草刈りをしました。
畑全景
シオデ畑は秋枯れが進んでいます(平成21年定植の畑)


草刈前
草刈り前はこんな状態です。(平成23年定植の畑)


草刈途中
まずは小型ハンマーモアでウネの中央を刈ります。


草刈完了
その後、刈り残したウネぎわの草を草刈り機(ブッシュ)で刈れば完了です。

彼岸を過ぎると秋枯れはどんどん進んで行きます。

10月には優良な株から種を採取し、その後に地上部を刈り取って冬を迎えます。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m




なんじゃこりゃ....

プランターのシオデがこんなになってしまいました。
プランター
3本植えのプランターが「なんじゃこりゃ..」の状態になりました。

左の株は、春に新芽が出てこなかったので「今年は休むのかな」と思っていたのですが、お盆過ぎに弱々しく新芽を出したようです。

右の株は、以前のブログに成長不良株として写真を載せましたが、それなりに成長しているようです。

中央の株は元気なのですが、秋にはこんな状態になってしまいました。

春先から6月の収穫期までは綺麗に育つのですが、野菜と同じで、虫や病気に勝てず、こんな状態になってしまいます。

野山に自然に育っているシオデや畑に栽培しているシオデも斑点は付きますので、あまり心配しなくても良いようです。

野菜に使用可能な農薬で、それなりに消毒をしていても斑点の発生は避けることが難しいようです。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してね。





シオデの結実

シオデが実をつけました。
結実2
雌株には実が付きます。


雄株の花
雄株も雌株のように白い花みたいなものが付きますが、結実しません。


結実直前
これは雌株に花が咲いた後、小さな実が育ち始めた状態です。


結実
実が少し大きくなりました。


結実1
8月上旬にはしっかりとした実になります。
中の種はまだ白くて柔らかい状態です。
9月の下旬になると、実はブドウのような濃い紫色となり、中の種は小豆色に変わり堅くなります。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m




シオデの病害・生育不良

シオデの栽培方法は、まだ確立されておりません。
特に病害と生育不良の対策に関する文献はほとんど見受けられません。

庭ヒデコ不良
これは我が家の庭に植えた4本のシオデの内の一本です。
昨年は普通に育ったのですが、今年はこの株だけ成長が極端に遅く、こんな状態です。
1本の株から2本の新芽が出てきましたが、右は枯れる寸前で脇芽が頑張っております。
左は途中から茎の色が変わって徒長したようですが、正常ではありません。
最近、中央から3本目が顔を出しました。
地中の根株はつながっているはずで、生命力の強さが感じられます。
シオデは不思議な生き物です。
この株は庭に植えた4本の内でいちばん日当たりの良い場所にあります。
今年は降雨量が極端に少ないので、何か関係があるかもしれませんが、原因不明です。
来年はどうなるのか、大変興味があります。



3年物生育不良
これは、手前の7個が3年物の生育不良苗です。
何が原因でこうなるのか、わかりません。
苗販売を始める前に研究のため大手業者から通販で買ったシオデの大苗も、写真の苗のように縮れた状態なり、成長が止まってしまい、育てることが出来ませんでした。



プランター生育不良
プランターの内の1本も今年は成長不良となってしまいました。
隣のシオデと比べると成長の差が歴然としております。
緩効性肥料をやって様子を見ております。


1年物生育不良
これは、先月ポットに仮植した1年物の新苗です。
仮植して一月ほどすると生命力の差が出て、枯れる苗がでてきます。



新芽の病気
これはポットに仮植する前の新苗です。
仮植の時期も苗の生長と関係が有りそうなので研究中です。
葉の斑点は、県の農業試験場の検査でカビによる病害で、比較的一般的に見られるものだそうです。
防除に使用する安全な薬剤などの指導を受けながら栽培しておりますが、完全に防ぐことは出来ません。
農薬をなるべく使用せずに育てる方法を試行錯誤しながら探しております。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m




シオデの雄株に白い花...

シオデの雄株に白い花が咲きました。
雄株の花
雄株
我が家の庭に自生しているヒデコの雄株に白い花が咲きました。
ヒデコは雄株も雌株も白い花が咲きます。
雄株も雌株も花の咲く時期には小さな実の元となる部分がありますが、
雌株は結実するものの、雄株の実は小さいままで、そのうちに無くなってしまうみたいです。


紫ヒデコ1
自宅脇の杉林の紫のヒデコが見事に立ち上がりました。

緑ヒデコ
紫ヒデコのすぐそばには緑のヒデコが生えてきました。


庭ヒデコ
庭に植えたヒデコは微妙な色合いです。
薄茶色とでも表現しておきます。
この色の株はヒデコ畑でも結構多いように感じます。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m


庭のヒデコも顔を出して..

やっと庭のヒデコが顔を出しました。
庭1萌芽
1本しか植えてないのですが、今年は2本に増えています。

庭3萌芽
ほかの株は1本ずつ新芽伸びてきました。
植えてから4~5年になれば、こんなに太くなります。
ヒデコ(シオデ)は気長に育てる山菜です。

1号萌芽
これは、10年以上前から自宅の敷地に生えているヒデコで、元は1本の雄株でしたが、今年は4本の新芽が出てきました。
本数が増えたら茎がだいぶ細くなりました。

プランター1
プランターのヒデコは1本が風と雨で折れてしまいました。
この鉢は3本植えてありますが、2番目に出た新芽がかなり伸びました。
3番目はまだ顔を出しません。今年は休むのかな??


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m


田植の後はヒデコ(シオデ)の季節

田植も終わり、ヒデコ(シオデ)の季節がやってきました。
畑1
平成21年定植の畑は鉛筆ほどの太いヒデコもだいぶ増えてきました。
1メートルぐらい立ち上げてから上部の20㎝ほどを収穫します。

畑3
こちらは平成23年定植の畑です。
まだ太いヒデコはあまり見受けられませんが、収穫できる株は結構あります。

プランター
プランターのヒデコは一昨年植えてからほったらかしの状態ですが、それなりに成長しました。
今頃になって新芽が出て来た株もあります。
草取りと追肥を予定しております。

苗
苗の方もだいぶ売れて、残り少なくなってきましたが、写真に写っていない在庫がまだあります。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

赤色ヒデコと緑色ヒデコ

シオデには赤色系と緑色系と紫色系があるようです。
赤ヒデコ
これは赤色系のようです。


緑ヒデコ1
これは緑色系です。


よりどり
これらの系統はよくわかりません。


杉林のヒデコ1
杉林にはこんな細いシオデが生えます。
あまり日が当たらない場所のシオデは年数を経ても太くならないようです。



初収穫
今回初収穫したシオデ。
左が自宅に隣接する杉林のシオデ、右が畑で栽培しているシオデです。
野山に自生するシオデで鉛筆より太いシオデを見つけるのは至難の業です。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m



ヒデコ発芽始まる

ヒデコの発芽が始まりました。
発芽1
こんなうふに新芽が伸びてくれば収穫可能です。




発芽2
この新芽は指の太さくらいあります。
1メートルぐらい立ち上げてから上部を収穫します。



プランター
プランターのヒデコは、まだ半数の株しか発芽しておりません。



3年物
出荷を開始した3年物の苗です。



1年物
こちらは一年物の新芽です。


桜も終わり、新緑の季節となりました。
山里は、田んぼの春作業が真っ盛りです。
この連休は、タラノキの選定と鶏糞施肥・山の芋の作付け準備・苗置き場の日よけ作りに没頭しました。
結果、頑張りすぎたのか、疲れから風邪をこじらせてしまいました....トホホ...



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m




桜満開!!!シオデは...

「角館」の桜が満開となりました。
角館の桜

こぶしの花も満開です。
こぶしの花
残雪の山並みは白岩岳と、それに連なる奥羽山脈です。

プランター1

プランターのシオデは、2月に除雪して3月上旬から雪の無い場所にあったので新芽が出てきました。
プランター2

販売用の「3年物苗」は雪消えが遅い場所で越冬したので、まだ新芽が出ません。3年物


雪が消えて本業が多忙となり、春作業が思うように進みません......


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m



雪が消えたら巨大な??が出現

畑の雪が消たら巨大な??が出現しました。
ネズミ穴2

やっと雪が消え、畑を見回ってみたら小山と穴が数カ所に出来ておりました。


ネズミ穴1
もぐらの巣穴? それとも野ネズミの巣穴?
ネズミのフンみたいな物が穴のまわりにたくさん見受けられます。
この穴の正体をご存じの方は教えて下さい。


畑にシオデを植えてから6年目になりました。
無農薬の畑は生き物には快適な環境のようですが、シオデにとってはどうなのて゜しょうか?
食害が出ないか心配です。



ばっきゃ
フキノトウも顔をだしました。
当地では「ばっきゃ」と呼びます。
軽く茹でてすりつぶし、豆腐と味噌で和えれば、春の味覚「ばっきゃ味噌」となります。


庭のシオデ
庭のシオデは、降雪前に刈り取らなかったので、枯れ果てて茎が倒れ、実が地面に落ちた状態です。
実の中には種が入っておりますので、このまま放置してシオデの生態系を観察しようと思います。



雪中保存の種子
雪中保存しておいたシオデの種子の雪も消えてしまい、雪をかけ直して種蒔き作業までの時間稼ぎです。

雪が消えると冬囲いの片付けやタイヤ交換など、雪国特有の作業があり、にわかに忙しくなります。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m


スキーワールドカップ観戦

2015FISフリースタイルスキーワールドカップ秋田たざわ湖大会を観戦しました。
当日
前日
自宅から会場までは車で40分ぐらいで行けます。
会場の田沢湖スキー場は私のホームゲレンデで、スキー検定のクラウンプライズにチャレンジしていた40代には毎週のように通っていた場所です。
ちなみに、クラウン検定は3シーズンチャレンジしましたが、結局は合格出来ませんでした。
モーグル会場となった黒森山ゲレンデは、昔は圧雪せずにコブ斜面となっており、検定でコブ斜面を滑った事が懐かしく思い出されます。
還暦を過ぎた今は、コブ斜面では体がついて来ないためあきらめ、もっぱら整地斜面を楽しんでおります。

上の写真は28日競技当日のもので、下の写真は26日の公式トレーニングの時のものです。

表彰式
表彰式の写真です。
日本の星野純子選手が銀メダルに輝きました。

世界最高レベルの滑りを間近に観戦し、寒さも忘るほど感動の一日でした。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m


雪の花咲く山里の冬

柿の木
山里の冬の朝、木の枝に積もった雪は白い花が咲いたように綺麗です。
これは我が家の柿の木です。


庭

当地の積雪は現在1メートルほどですが、我が家の庭は除雪した雪でご覧の通りです。

日々除雪作業に追われながら、雪解けの春を待つこの頃です。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m








種子の雪中保存

シオデの種子を冷凍保存と雪中保存しました。
種子1秋に優良な株から採取したシオデの液果。
今年は本業が超多忙なため、実から種を取り出す作業が出来ませんでした。


種子冷凍用
冷凍保存する種子は、冷凍用パックに分けて冷凍庫で保存します。


種子雪中用
雪中保存する種子は、野菜保存用ネットに入れて雪中保存します。


雪中1
今年は1メートル近い積雪があるため、地面が出るまで雪穴を掘り、種の袋を置いて雪を埋め戻します。


雪中2
最後に目印の棒を立てれば完了です。

雪と地面の境界付近は摂氏0度前後で安定しているそうです。
雪消えと同時に種子を掘り出し、液果から種子を取り出して育苗箱に播種する予定です。
冷凍保存と土中保存は経験済みですが、雪中保存は初めての試みです。

シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m



シオデは雪の下で越冬

今年は大雪となりました。
シオデの苗置き場もご覧のとおりの大雪です。
苗置場
苗は除雪の影響が無い場所に避難し、雪の下で冬眠しています。


冬には欠かせない我が家の除雪機械です。
除雪機
8年前にヤフオクで買った中古のヤンマー除雪機。
ディーゼルなのでなかなか粘り強いヤツです。
昔の機械は構造が単純なので修理すれば結構長く使えます。

ショベル
こちらも知り合いから安く譲り受けたローダーです。
我が家に来てから13年になり、あちこち修理しながら使っております。
簡易キャビンを自作したので、悪天候でも結構快適に作業できます。

除雪後
自宅前は結構広いので、雪が降った朝は2台の機械を駆使しても除雪に1時間ほどかかります。
雪国の宿命とは言え、除雪の為に費やす労力はと費用はかなりのものです。

今年は平年の2倍ぐらいの積雪があり、この先の除雪作業が思いやられます。

今年は本業が超多忙だったので、ヒデコの種の越冬準備がまた残っております。
正月前には何とかしなければ......


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m


シオデ畑にタンポポの花が

初雪が消えたらタンポホの花が咲きました。
タンポポ
週間天気予報には雪だるまのマークがずらりと並び、いよいよ雪の日々が迫ってきていると言うのに、シオデ畑にタンポホの花がチラホラ咲いておりました。
11月11日頃初雪が10㎝ほど積もった後、暖かい日が続いき、タンポポが春と勘違いしたのかもしれません。

畑1
畑2
シオデ畑は11月中旬にシオデを刈り取り、やっと冬支度が出来ました。

庭のシオデ
庭のシオデはこんな風になり、早く刈り取ってやらないといけません。
このまま冬を越しても、春になると新芽が出てくるのですが、きれいに刈り取ってやらないとシオデに失礼な気がします。


冬囲い

本業が超多忙で冬支度が進まない私を見かねて庭の冬囲いをカアチャン(妻)がやってくれてました。
結構上手に出来ました。カアチャンに感謝します。

当地方では「雪囲い」と言わずに「冬囲い」と言います。
方言に直すと「フユガキ」です。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m


優良シオデの実と根

実生のための種を採取するため、生育の良い雌株の実を採取しました。
採取1
これは平成21年に定植した株の内、優良な株です。


採取2
これは平成23年に定植した株の一番優良な株です。
この年に植えた株は、まだ結実する株が少ないのですが、この株は生育状況が飛び抜けて良いので種を採ります。

根1
これは平成22年定植の優良株の根です。
根が良く育っております。

根3
こちらは平成22年定植の株ですが、生育状況が悪いので根も貧弱です。

降雪季が目前に迫り、冬支度をしなければいけませんが、今年は本業が非常に忙しいため、まだまだ準備が整いません。
降雪が遅れる事を祈りながら、必死に仕事を続ける日々がしばらく続きそうです。  とほほ・・・・・・・


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m


シオデの実は山葡萄もどき

実りの秋となり、シオデの実も山葡萄のように濃い紫色に熟しました。
先日、山葡萄と間違えてシオデの実を食べた人から問い合わせの電話がありました。
食べてもほとんど味はありませんが、赤ワインのような濃い色の果汁がありますので、種を取り除いてからジャムにしたり、種を取らずにそのまま果実酒にすることが出来ます。
漬け物や寒天ゼリーの着色にも使えますので興味のある方はチャレンジしてみて下さい。庭のヒデコ
これは3年程前に自宅の庭に植えたシオデで、今年初めて結実しました。
半日ぐらい日陰になる場所に植えたのできれいに育っております。


畑1
平成21年定植した畑はこんな状態です。
結構良く育っておりますが、この時期になると秋枯れの進んだ株と、まだ緑の葉が残っている株が混在します。


畑2
平成22年に定植した畑は、定植の翌年に草刈りが不十分だったため生育が良くありません。


畑3
平成23年定植の畑は「猫じゃらし」などの草に埋もれておりますが、順調に育っております。
数年間マメに草刈りを続けると草丈の短い草が多くなり、「猫じゃらし」やイネ科の草が少なくなるのですが、この畑はまだまだです。


優良株1
平成21年定植の優良株です。
春に収穫した株ですが、十分に立ち上げてから先端部分だけ収穫したので残った部分が成長して結実しております。


優良株3
これは平成23年定植した畑の優良株です。
この年に植えた株で結実したものはまだ非常少なく、最優良株として種子を採取し、増殖する予定です。

この後は、地上部を刈り取って冬を迎えます。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m




丸坊主シオデの秋

虫に喰われて丸坊主にされたプランター植えのシオデも夏を越しました。

これは7月下24日の写真です。
丸坊主2

こちらは9月4日の写真です。
プランター
虫に喰われた株の内、プランター中央の株は若葉が少し残っていたのでだいぶ回復しておりますが、左の株は丸坊主にされていたので回復しておりません。
こんな状況になっても、来年の春には新芽が出てくるものと思います。
シオデは新芽を出すのを1年休んだりする株もありますので、地中の根株が生きているときっと大丈夫です。

手前の鉢植えのシオデも虫の被害により、葉っぱが変色してしまいました。

減農薬・無農薬での栽培はむずかしい....


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m





新苗の移植と初秋のシオデ畑

遅ればせながら新苗を育苗箱からポットに仮植しました。
本来はお盆前にやる作業ですが、今年はこの時期になってしまいました。
1年ポット苗

今年の新苗は育ちが良くありませんませんでした。
1年目苗箱
今年の気象状況のせいもあると思いますが、水やりが足りなかったせいかもしれません。
昨年までと違う遮光シートの下で育てたため、降雨による水の供給が想像以上に少なかったと思われます。
この後、仮植したポット苗にマメに散水すればし、少しは挽回できるかと思います。

3年物苗
3年物の苗は夏を過ぎると秋枯れが始まっております。
秋にはこんな姿になっても、来年にはきれいな新芽を出しますので心配無用です。

庭のヒデコ
庭のシオデは元気いっぱいです。

畑1
畑は春から3~4回草刈りしても、毎年この時期にはこんな状態になります。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m





毛虫に喰われて丸坊主!!

プランターのシオデが丸坊主になってしまいました
丸坊主1

丸坊主2
手前の鉢植えは被害を受けておりませんが、プランターの方は丸坊主にされてしまいました。

犯人は黒い毛虫です。
シオデの文献にルリタテハの食害を受ける場合があると書かれてれておりましたが、それかもしれません。

黒い毛虫は見たのですが、こんなに喰われるとは思いませんでした。

庭のシオデ
庭のシオデはこんな感じです。

結実
4本植えた内の2本が雌株だったようで、今年初めて青い実をつけました。

シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m







庭のシオデ(ひでこ)その後

庭のシオデ(ひでこ)はグングン伸びています。
庭ひでこ1
同じ年に植えたものですが、3本にそれぞれ個性があります。

庭ひでこ2
かなり太くなって収穫可能でしたが、今年は収穫せずに育ててみます。


庭ひでこ1号
これは古くから宅地に育っているヒデコで、過去のブログにも登場しているものです。
10年前は1本だったのですが、近年は2本に増えたみたいです。

林ひでこ特大
こちらは隣の杉林のヒデコで、昨年は少し細かったのですが、今年はとても太い芽を出しました。

林ひでこ普通
こちらは杉林でよく見かける普通サイズのヒデコでです。
当地方では、細いヒデコを「葉ひでこ」と呼び、太いヒデコは「棒ヒデコ」と呼ぶそうです。

プランター
プランターのヒデコもずいぶん伸びました。
来年の春が楽しみです。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m




庭のシオデが食べ頃に

3年程前に自宅の庭に植えたシオデが大きな新芽を出しました。
ひでこ1
これぐらいの新芽が出てくるようになると収穫出来ます。
収穫はもっと新芽を立ち上げて腰の高さぐらいになってからの方が良いと思います。

ひでこ2
二本目は少し小ぶりです。

ひでこ3
3本目と4本目はさらに小ぶりです。

同じ時期に庭植えしたものですが、それぞれに個性があり、生育状況も異なります。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m


ど根性シオデ(ひでこ)現る

ど根性シオデ(ひでこ)が畑に現れました
ど根性ひでこ
これは、L形に伸びたシオデです。
名づけて「ど根性ひでこ」
マルチの穴の中に芽を出せずに横に伸びた新芽をマルチの外に出してやったら数日後にはこんな形に成長しました。


萌芽1
現在の畑はこんな感じです。


本命萌芽
この畑の一番大きなシオデは、やっと萌芽が始まりました。
大きな物ほど後から芽を出します。

シオデ(ひでこ)横
今朝収穫したシオデです。
まだ知人にプレゼントする程度しか採れませんが、昨年よりはたくさん採れそうです。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m





シオデの種まき

シオデ(別名ひでこ)の種まきをしました
播種床
育苗箱に、市販の「草木の培養土」にモミガラ燻炭を混ぜた床土を3~4㎝の厚さに入れます


種子
種子は、昨年の秋に採取し、花壇の隅に埋めて越冬したものです


播種1
均等に間隔を置いて蒔くために試行錯誤の結果、プラグトレーを利用して一粒づつ蒔く方式にたどり着きました
種の水分を取って乾いた種にして蒔くのがコツです


播種2
少し手間がかかりますが、プラグトレーの穴に1粒づつ種を落とすと、このように均等に蒔くことが出来ます


覆土
1~2㎝覆土します
覆土は水稲用の無肥料覆土にモミガラ燻炭を混ぜたものです


完成
水をたっぷりかけて完成です
種が乾燥しないように管理すると、来年の春に芽を出します


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m









幻の山菜がニョキニョキと...

幻の山菜シオデ(別名ひでこ)がアスパラのように生えてきました。
畑1
平成21年に定植した畑の様子です。
このシオデ4本立ちです。 補植したので4株植えてしまったようです。

畑2
基本的には2本植えしているので、これが標準です。

畑3
これで50センチぐらいあります。
1日で数センチ伸びるので2~3日後に収穫できます。
この株は少し赤みがかった色をしております。

畑4
この株はきれいな緑色です。
シオデの色は緑系・赤系・紫系の3系統があると思われます。
詳しいことは解りませんが、栽培してみてそう思います。

畑5
こちらは、平成23年に定植した畑です。
まだ1~2年は収穫できません。

林のヒデコ
こちらは隣家の林に自生するシオデです。(中央部)
杉林などに自生するシオデは日光をあまり浴びないため何年たっても太くなりません。
半日程度日光を浴びないと太くならないようです。
宅地まわりに自生するシオデは屋根まで届くほど大きくなり、毎年収穫できます。

プランター
こちらはプランターのシオデです。
前回客土した後、芽を出しました。
消毒していなかったので葉が虫に食われてしまいました。

3年物苗
こちらは、ひでこ屋で販売している3年物の苗です。
残り少なくなってきました。

1年物
こちらは今年芽を出した1年物です。

タラノメ畑
タラノメ畑の状況です。
剪定と草刈りが終わったので、秋まで手間いらずです。

今年は本業が昨年より忙しいので、シオデの管理がうまく出来るかどうか心配です。
還暦を過ぎた体は、少しムリするとすぐ悲鳴をあげますが、なんとかなるべー....

シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m


シオデ(ひでこ)の季節始まる

桜が散り、田植えが始まる時期はシオデ(ひでこ)の季節の始まりです。畑1畑に植えてあるのシオデが新芽を出し始めました。

畑2
若い株から発芽が始まり、古い株ほど後から発芽して太い芽を出します。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m


プロフィール

ひでこ屋

Author:ひでこ屋
秋田民謡「ひでこ節」発祥の地で、山菜シオデ(別名ひでこ)の栽培に取り組み、シオデ苗の生産販売を始めたオヤジのシオデ栽培日記です。還暦をすぎて、本業の土地家屋調査士・行政書士からシオデ苗生産販売・農業への転職を目指しています。

☆取り扱い商品
  シオデ(別名ひでこ)苗
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR