FC2ブログ

山菜栽培とシオデ(ひでこ)苗の生産販売を始めた行政書士・土地家屋調査士のブログ

庭のヒデコ結実・苗箱のヒデコ発根

自宅の庭に植えたヒデコが結実し、液果が紫色に熟しつつあります。
庭のヒデコ
4年程前にヒデコの栽培を始めた時に自宅の庭に4本植えたヒデコの内、1本が雌株で、結実して液果が紫色に熟しつつあります。ほかの3本は実を付けない雄株でした。

定植する前に雄株か雌株か区別がつけば良いのですが、発芽してから最低でも3年、多くは4年しないと雌雄の区別はつきません。

初夏の収穫時期には雌雄に関係なく収穫して食べるのですが、やはり実が付く雌株の方が、育てながら観賞する楽しみがあります。

雌株は、収穫時期が過ぎると白い花が咲いて青い実を付け、それが秋には紫色に熟して液果となり、中には種が出来ます。
雌株は毎年ヒデコの成長とともに季節の移り変わりを感じる事が出来、雄株より育てる楽しみが倍増します。



苗箱
春に種を蒔いた苗箱です。
種は昨年の秋に栽培しているヒデコ畑で採取し、越冬した種です。
手入れが悪く、あちこちに雑草が生えてきています。

発芽アップ
種を掘り出してみるとルビー色の種から白い根が育っており、一安心しました。
来年の春にはかわいい新芽が出揃うでしょう。


今年は本業が多忙になったため、ヒデコ畑の草刈りにはなかなか手が回らず、販売用に育てている苗の管理も思うように出来ません。

本業から見た今年の社会情勢は、政権交代により政策が変わり、じっと不況に耐えていた世の中が一斉に動き出した感じがします。

本業が暇になったため、士業と農業の二足のわらじを履いてしまったのですが、今のところ農業は所詮趣味の延長にしか過ぎず、やはり生活のためには本業の手を抜くことはできません。

春から5月の連休も盆休みもほとんど休むことなく働き続けてきた結果、ここに来て疲れが出てきました。
やはり、還暦を迎えた体は若い頃のように無理がききません。

これから先は、年末に向かって多忙な時期となります。

時々、鍼灸と整体に通い、老いの出てきた体をいたわりながら、この苦境をなんとか乗り切りたいと思うこの頃です。


山菜シオデ栽培について
詳しくは私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2


にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

スポンサーサイト
プロフィール

ひでこ屋

Author:ひでこ屋
秋田民謡「ひでこ節」発祥の地で、山菜シオデ(別名ひでこ)の栽培に取り組み、シオデ苗の生産販売を始めたオヤジのシオデ栽培日記です。還暦をすぎて、本業の土地家屋調査士・行政書士からシオデ苗生産販売・農業への転職を目指しています。

☆取り扱い商品
  シオデ(別名ひでこ)苗
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR