山菜栽培とシオデ(ひでこ)苗の通信販売を始めたオヤジの奮闘記

シオデの白い花が真っ盛りです。

シオデ畑ではシオデが白い花をつけました。
開花1
シオデは雄株も雌株も白い花が咲きます。

開花2
実を付けるのは雌株だけで、このシオデは小さな実が付いているので雌株です。

畑1
この畑のシオデは平成21年の秋に定植したもので、草丈が2mを超えるものが多数出てきました。


庭のシオデ
畑ほど日当たりの良くない庭のシオデはまだこんな状態です。
一番左はまだ10㎝程度しか伸びていませんが、右側のシオデは1.4m程になっています。


つくね芋
シオデ畑の空きスペースに植えた、長芋とつくね芋と自然薯も順調に育っています。
これは「つくね芋」。当地方ではヤマノイモと呼んでいます。

長芋
こちらはナガイモ。

自然薯
こちらは自然薯です。

ヤマイモ三兄弟といったところですが、一カ所に三種類植えたので、それぞれの個性が良く分かります。

梅雨時から八月にかけては、雑草の成長がとても早いので、対策としてマルチ以外の畝間に防草シートを張りました。

長芋と自然薯の栽培は初めてなので、本を見たりネットで調べたりしながらやってます。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ


スポンサーサイト

庭シオデが被害、犯人は???

6月2日、庭に自生しているシオデの根元が大変な事になっていました。
被害1
アケビ棚のそばに自生しているシオデの根元が何者かに掘り返されていました。



被害2
キツネかタヌキか、はたまた???
四つ足の動物が畑や苗置き場を歩いた形跡は時々見かけますが、こんな事は初めてです。

まるで植え替えのため人間が根元を掘ったみたいです。


被害3
埋め戻して再度の被害対策として臭いのきつい石灰チッソを少し蒔いておきました。
この写真は、一週間後の9日撮影ですが、順調に育っています。

このシオデは庭のヒデコ1号として過去のブログにたびたび登場しているシオデで、
元々1本立ちのシオデですが、頭頂部を収穫した翌年に4本に増えたシオデです。

4本になってからは4年ぐらいになりますが、まだ収穫せずに育成中です。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ





シオデの苗はピンからキリまで

シオデの苗は個性豊かで、育ち具合に大きな違いが出ます。
3年物優良
これは3年物の優良な苗です。

3年物不良
こちらは同じ3年物の苗でも、育ち具合の良くない苗です。

このグループは3年物の苗を良い苗から順に並べたもので、最後尾は今年芽を出さない苗です。
毎年2パーセント前後の苗が芽を出しませんが、根を枯らさなければ次の年に芽を出したりします。


2年物優良
こちらは2年物の優良な苗です。

2年物不良
2年物の不良な苗は3年物より多く出ます。

2年物の苗から、秋までの成長具の良い個体を選抜し、一回り大きなポットに植え替えたものが3年物となる訳ですが、やっぱり芽を出さない苗が2パーセント前後出てしまいます。

庭の新苗
こちらは庭のシオデから一昨年の秋に地面に落ちた種から自然に出た新芽です。
これを鉢上げして育てれば5年後には一人前のシオデになりますが、気の短い人は待ちきれないでしょう。

庭のシオデ
数年前に植えた庭のシオデからは、かなり太い新芽が出てきました。


畑2

畑1
シオデ畑は、これから暫く収穫のシーズンとなります。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ





「幻の山菜」シオデの初収穫

シオデ畑で栽培している今年の初物シオデを収穫しました。
発収穫
今年の初物は気合いを入れて写真を撮りました。
個体によって色に違いがあります。
青系統・赤系統・黒系統があるようですが、この写真のものは青系統はわかりますが
ほかのものは赤系統なのか黒系統なのか明確な区別がつきません。

栽培している畑では明らかに赤系統のものと黒系統のものと明確に判別出来る個体がありますが、
中間の色のものが多い気がします。


4本萌芽
これは青系統が4本萌芽しています。
最初に2本植えをしたのですが、育ちの悪い株はさらに2本植えを追加した箇所があったので、それが一度に萌芽
したものと思われます。


萌芽
これは見事な1本立ちのシオデが右側と左後方に萌芽しています。
このくらいになったら頭頂部を20~30㎝収穫できます。
頭頂部を収穫した株は脇芽を伸ばして生き続けますが、次の年はだいぶ細くなって2~3本に分かれて新芽を出します。

支柱打込
萌芽が進む畑では、伸びたシオデの茎を支えるため、支柱を立てて支線を張る必要があります。
この週末は、妻と二人で支柱を堅固なものに更新するため、知人から譲り受けた鉄パイプ200本の加工と
大ハンマーでの打ち込み作業に追われました。

体力勝負のため、日頃のトレーニングジム通いが物をいいましたが、やはり体のあちこちが痛くなりました。
今回はとりあえず100本の打ち込みで今季の作業を終え、残りは次の機会とします。

苗置場
こちらは苗置き場です。
左が新苗の一部、中が3年物、右が2年物です。

新苗
新苗の本命はこちらで、今のところ元気良く育っています。

この先は、斑点の出る病気と害虫の被害が出ないように毎日の観察と水管理が欠かせません。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ





黒シオデと青シオデが萌芽

シオデ畑に黒シオデと青シオデが顔を出しました。
黒シオデ
こちらは黒シオデ。黒といっても紫色ですが....

青シオデ
こちらは青シオデ。青といっても緑色ですが....

先週末は畑の草刈りに精を出しました。
畑1
草刈りを急がないとシオデがどんどん萌芽して来ますので、この時期は草刈りに忙殺されます。

去年の秋にヤフオクで落札した中古のウイングモア(草刈機)とブッシュの合わせ技で、シオデ畑約2000㎡の今季一回目の草刈りが完了しました。 日曜日には妻もブッシュで草刈りを手伝ってくれて大助かりでした。



自然薯・長芋
毎年畑の北側一角でつくね芋を18m×2列 栽培しておりましたが、今年はつくね芋を減らして、クレバーパイプを使った自然薯と長芋の栽培にチャレンジすることにしました。

手前左が自然薯、右が長芋を植えたウネで、奥の黒マルチがつくね芋を植えたウネです。
当地方ではつくね芋を「ヤマノイモ」と呼んでおり、仙北市の名産品の一つですが、私の住む地域ではほとんど栽培されておらず、多くは隣の田沢湖地域で栽培されております。

つくね芋は数年植えてみましたが、ほどよい大きさの形の良いイモは少ししか出来ませんでした。
イモのかたちが少々悪くて不揃いでも、店で買うと高価なため贈答品としては結構喜んでもらえました。

自然薯と長芋の栽培は初めてなので、栽培方法の本を買ってのチャレンジです。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ




シオデの萌芽始まる

シオデの萌芽が始まりました。
畑2
桜の花も散りはて、新緑の季節となり、シオデ畑では萌芽が始まりました。
畑の雑草も伸び始め、タンポポが咲き乱れておりますが、シオデは雑草の隙間からたくましく新芽を伸ばします。

畑1
畑では、間もなく1回目の草刈りとシオデの茎を絡ませるマイカ線を張る作業が始まります。


新苗1
苗置き場では1年前に蒔いた種が元気に新芽を出しました。
昨年蒔いた苗箱の内、半分以上は夏を越すのに失敗してしまい、新芽を出したものはこれだけしかありません。
今年は種が乾燥せずに夏を越せるよう苗の床土の配合を変えてみる予定です。


2年物
2年物の苗は元気があります。

3年物
今年の3年物の苗はまずまずの出来です。

シオデ栽培を始めて10年近くになりますが、いまだに肥料の使い方と害虫対策、細菌により斑点が出る病気の対策に頭を悩ましています。

シオデは、野菜のように栽培方法が確立されておらないので、試行錯誤の繰り返しです。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ


桜が咲き、シオテ゜の新芽も発芽開始

シオデの発芽が始まりました。
発芽1

発芽2
桜前線がやっと我が家まで北上してきました。
シオデ苗の新芽は桜が咲くと同時に発芽します。
昨年より一日早く、4月22日に新芽を確認することが出来ました。


桜
裏庭のしだれ桜も開花しはじめました。
畑にあった除雪した雪の小山も数日前に全部消えてなくなりました。


すいせん
庭にはスイセンの花も咲き始めました。


椎茸
こちらは一昨年に駒打ちした椎茸の原木です。
敷地の東側は隣家の杉林となっており、境界沿いにきのこの原木を置いています。

雪国の春は桜の開花とともに農作業が始まり、にわかに活気づいていきます。

角館の桜も咲き始めており、連休の前半までは桜のトンネルが楽しめそうです。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m




「ばっきゃ」の季節到来

ひと月前には1m以上あった雪がやっと消えて地面が顔を出しました。
ばっきゃ
田んぼの畦には「ばっきゃ」(ふきのとう)が顔をのぞかせています。
当地ではその辺に生えている「ふきのとう」で「ばっきゃみそ」をつくって食べる家庭が多く、
これを食べると春の訪れを実感します。


畑
3月いっぱいでシオデ畑の雪も消えました。


裏の畑
自宅裏の畑は除雪した雪の山がまだまだ残っていますが、一部は地面が現れました。


日よけ
例年は4月下旬に苗置き場の日よけを設置していましたが、このところ晴天が続いたので、先週末から
日曜にかけて設置しました。


苗置場
日よけの有る無しで苗に水をやる頻度にかなりの違いが生じます。

この暖かさがしばらく続くと、シオデ苗の新芽の発芽も例年よりは少し早まりそうです。
新芽の発芽を確認すると苗の発送が始まります。

苗の数に限りがありますので、ご購入予約は下記のホームページからお早めにお願いします。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

原木に椎茸とナメコの種コマを...

だいぶ春らしくなり、椎茸とナメコの種コマを原木に打ち込んで仮伏せしました。
駒打ち

自家用に少し椎茸とナメコの原木栽培をしていますが、3~4年ごとに原木を更新しなければなりません。
彼岸に入り、暖かい日を選んでコマ打ち作業を妻に手伝ってもらい植菌しました。
カアチャンはどんな作業も手際よくこなすので仕事が早く、ドリル担当の私は少々追われ気味で焦ります。

種コマ
今年は春と秋に収穫出来る椎茸と、早生ナメコ、早中生ナメコを合わせて20本の原木に植菌しました。

ドリル
原木は地元の森林組合から購入したナラのホダ木です。
ドリルはコード付きのパワーのあるやつでないといけません。
充電式のインパクトドライバーではすぐに電池切れになってしまいます。

穴の間隔は、丸っきり目分量では心もとないので、栽培マニュアルに書いてある間隔の目印を付けたヒモを原木の小口に巻き付けて縦間隔の目安とし、横の間隔は一列だけチョークでマーキングしてから目分量で穴をあけました。

散水
種コマを打ち込んだあと、すみやかに原木に散水して仮伏せします。

仮伏せ

被覆
ブルーシートで被覆して日中の気温が20°ぐらいになるまで仮伏せします。

過去にやった原木は、雑菌が入ってしまい、キノコが少ししか生えませんでした。

今回は栽培マニュアルを良く読んで作業をすすめ、成功させたいと思いますが、どうなることやら...



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m




雪消しの季節

やっと暖かくなり、雪消し作業が始まりました。
苗置場
2月には1m以上の雪に覆われていた苗置き場は、3月にはいってから暖かい日と雨の日があったおかげで、雪消えが進んではおりましたが、先週から数日にわたり少しずつ手作業で除雪し、やっと全ての苗が現れました。


庭の雪
庭の雪はショベルローダーでこまめに切り返して融雪を促進し、、だいぶ少なくなりました。


裏の畑
裏の畑の雪山はまだ2~3mの高さがあります。
4月中に消える事ができるのか、気温と降雨しだいです。
畑の中には重機を入れたくないので、暖かい日が続く事を神に祈るでけです。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m









モーグル原大智の銅メダルと金メダル

今年もモーグルWC田沢湖大会を観戦しました。
メダル
会場のレストハウスにピョンチャンオリンピックモーグル競技で原大智選手が獲得した銅メダルと、カナダのミカエル・キングズベリー選手が獲得した金メダルが展示されており、間近に見ることが出来ました。

メダルが立派な事はもちろんですが、メダルのケースがとても重厚で、品格が感じられました。

銀メダルは残念ながら展示されておりませんでした。


会場
毎年おなじみの会場風景です。

有料のイス席は2500円で、プログラムと上村愛子さんの実況解説を聞く事が出来るFM受信機と「山の芋鍋汁」の食券が付いています。

イス席のチケットを購入して大会2日目のデュアルモーグルを観戦しました。


上村愛子
大会アンバサダーの上村愛子さんはいつ見てもかわいい笑顔です。

彼女は有料席のエリア後方の放送ブースで実況解説しているため、間近に見ることが出来ます。


表彰式1
今年は堀嶋行真選手が3日のモーグルと4日のデュアルモーグルの両方で優勝し、ピョンチャンオリンピックの雪辱を果たしました。 (中央が堀嶋行真選手)

今年の田沢湖大会は、他の日本人選手も大活躍でした。

今年からナマハゲも会場を賑やかしておりました。


モーグルスクリーン
これは、「モーグルスクリーン」と言うものらしいです。

ここで写真を撮って上下をひっくり返すと、エアーで宙返りをしているように見えます。


逆さま
モデルの姿勢が悪いためイマイチですが、もうすこし低くかがめば後ろにストックが写り、それなりに見えそうです。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m






続きを読む

積雪140㎝連日除雪...

今年の大雪にはウンザリしています。
除雪機

前庭
アメダスのデータによると、当地角館の2月の積雪深さは平年値97㎝となっておりますが、

2月も終わろうとしているのに降雪が続き、ついに積雪は1.4mとなりました。

このところ毎日除雪作業が続き、雪国の暮らしに嫌気がさしてきます。

庭には除雪した雪が小山のように積み上がりました。


裏の畑
うらの畑もこんな状態になっています。


アケビ棚
アケビの棚もそろそろ雪を下ろさないと....


苗置場
苗置き場もご覧のとおりです。


春よ来い....早く来い....


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

雪国の宿命

先日の寒波到来で積雪1メートルとなってしまいました。
裏の畑
自宅裏の畑は除雪した雪の山


庭の雪山
庭の景色も雪山に一変しました。


苗置き場
苗置き場の「しおで苗」も雪の下で春を待ちます。


ヤナセY9-16Gs
寒波到来の前に除雪機の故障が続き、ついに最新型をローンで購入しました。


コマツWA30
こちらは中古で購入してから17年目となるショベルですが、まだまだ元気です。
秋に作り直した自作キャビンで寒さしらずの快適な作業が出来ます。

敷地が広いのでショベルローダーと除雪機を駆使した1時間の除雪作業が、雪の降った朝の日課となります。
雪国の宿命なので、しかたありません。

春よ来い....


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m



恒例のスキー

明けましておめでとうございます。

1月3日は夫婦でスキーに行くのが我が家の恒例です。

今年も、車で2時間程の岩手県八幡平リゾートパノラマスキー場へ行った来ました。

スキー1

今年は10数年ぶりにスキーウエアを新調しました。

古いウエアはSサイズでジャストフィットしていたのですが、新しいウエアはMサイズで、私には少し大きめです。

私のずんぐりむっくり体型に合うウエアは探しても簡単には見つからず、これにしました。

新しいウエアは、袖と裾が少しダブつきますが、暖かくて快適です。


リフト

リフト乗り場はガラガラで、待ち時間はありません。


レストラン

レストハウスもちょうど良い混み具合でした。


ゲレンデ1

晴天に恵まれて、写真左側奥には安比スキー場を望む事が出来ました。


ゲレンデ2

圧雪の行き届いた緩斜面を快適に滑走するのは私の相棒(愛妻?)です。


この日はリフト一日券が2200円のシニアデーにあたり、格安ですみました。

シニアらしく、軽く4本滑った後は、おきまりの温泉に入ってから帰路につきました。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2
1月1日より春に発送するシオデ苗の予約販売中です。

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

薪ストーブに大穴が...

作業場の古い薪ストーブを新品と交換しました。
ストーブの穴
煙突の掃除をしていたら、ストーブに大きな穴があいているのを発見しました。
穴の場所は普段は死角になっているため、知らずに使用していたことになります。
煙突の曲がりも焼き切れる寸前でした。
こんな状態にも気が付かず何回も使用していたとは...恐ろしい....


完成
ホームセンターで一番安いストーブ(約4千円)を買ってきて交換しました。


断熱板
ストーブを買うときに「断熱板」という物を発見したので買ってきました。
ストーブの下部から床面への断熱に使うものです。
金属のトレーに水を入れてストーブの下に入れ、断熱していましたが、水がすぐに蒸発してしまうため、こまめに水を補充する必要がありました。
今回見つけた断熱板は、ズボラでも大丈夫そうなので買ってきました。


断熱板セット
これならメンテナンスにあまり手間がかからないようです。


煙突
煙突は煙の流れが少しでも良くなるように角度の緩い曲がり管を使っています。

冬期間は、作業場の暖房に薪ストーブがかかせません。
安物のストーブでも3~4年は使えます。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m



初雪

初雪が降りました。
初雪2

初雪1

19日の朝は初雪で一面銀世界となりました。
当地では、ムラの東側にそびえる白岩岳に3回雪が降ると里にも雪が降ると昔から伝えられております。
今年も、まさにそのとおりでした。

車での移動が原則の田舎暮らしでは、毎年初雪の頃は冬タイヤへの交換作業が必要となります。
例年、11月の中旬には初雪が降るため、タイヤ交換のタイミングには毎年気を遣います。
冬タイヤの摩耗を少しでも少なくするため、雪が降るぎりぎりのタイミングで交換したいのです。
雪が降ってから慌ててやるタイヤ交換の作業は、寒くて手がかじかんでつらい作業となります。
今年は14日頃、週間天気予報に雪だるまのマークが出たので、晴天の暖かい時に冬タイヤへの交換を済ませてあり、
ラッキーでした。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m




シオデの種を採取

10月中旬、シオデの種を採取しました。
種2
シオデの種はぶどうのような液果の中に出来ます。

庭のシオデ
これは庭のシオデですが、秋になるとこんな状態になってきます。

畑1
畑のシオデの秋枯れはこんな状態になります。
これは、シオデ茎を支える支線を外した状態の畑です。
種を採取した優良株が来年もわかるように目印の棒をたてました。

この後は残った茎をすべて根元から刈り取り、畝間の通路でハンマーモアで粉砕して土にかえします。

畑2

シオデ畑
粉砕後はスッキリした畑になり、冬を迎える準備完了です。


種3
今年は、作業台の上にあるレジ袋5個分の種子を畑から採取しました。
この中から大粒のものを選別して冷蔵保存バッグに入れて冷凍保存します。
家庭用冷蔵庫の冷凍室の容量は限られておりますので、冷凍するのは大きめに保存バック゛5~6個分です。
残りの種子は庭の隅の土中に埋めて越冬します。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m




シオデ苗の植え替え

シオデ苗の植え替えをしました。
植替作業
彼岸が過ぎてシオデが休眠期に入るころ、来年3年物として販売する苗は「7㎝深型」のポットから「9㎝深型」のポットに
植え替えます。


植替前
植え替え前の2年物の苗です。
今年の苗はあまり良くありません。

1年目から2年目にかけて、床土の肥料分が足りなかったためと思われます。
1年目の鉢上げの肥料分が多いと肥料負けする苗が出るため、昨年床土に微量の肥料しか配合しなかったのが原因の一つになったと思われます。
夏期の日照時間や気温と降雨量も影響しているとは思いますが、床土の肥料分が多かった3年物の苗は2年物の苗と違って元気があったので、肥料分の使い方がポイントと思われます。


床土配合
床土の配合は、市販の培養土をベースにして、モミガラくん炭・鶏糞・油かす・再利用の床土 などを配合するのですが、毎年微妙に配合を変えながら試行錯誤を繰り返しております。


植替後
妻と姉の協力で今年の植え替え作業が完了しました。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m


全国うどんエキスポ2017in秋田湯沢へ

10月1日、「全国まるごとうどんエキスポ2017in秋田湯沢」へ行ってきました
入口
このイベントは7年前から毎年湯沢市で開催されており、今年は日本各地のご当地うどん19店が出店しました。


会場1
コラーゲンたっぷりの「塩ホルモンうどん」は茨城県から6回目の参加です。


会場3
大阪府から3回目の参加となった「かすうどん」は人気投票で第一位となりました。


会場2
長崎県から7回目の参加となる五島うどん。

五島うどん
五島うどんは、こんぶのトッピングが特徴です。


7年前、第一回目のうどんエキスポに行った時は、それほど賑やかなイベントではなかったですが、今年は7回目となり、盛大なイベントに成長しており、地元新聞によると2日間で約8万人の人出があったそうです。

今回は人出が多く、各ブースが15分~60分待ちとなったため、一番人気のうどんを食べるのには順番待ちのため大変な忍耐力が必要となりました。
初参加の「沖縄ソーキそば」は大人気で60分待ちでしたが、忍耐強い妻が並んでくれたおかげで食べる事が出来ました。
人気投票で一番となった大阪の「かすうどん」も60分待ちの状態で、とても行列に並ぶ気にはなれず、残念ながら食べる事が出来ませんでした。

晴天に恵まれた秋の一日、久しぶりにリフレッシュする事が出来ました。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m




庭のアケビとシオデ

角館のお祭りも終わり、稔りの秋となりました。
あけび
庭に植えてあるアケビの実もだいぶ大きくなりました。



庭のシオデ
庭のシオデにもきれいな実がつきました。



結実1
畑のシオデの実は少しずつ色づき始めています。
このシオデは春に頭頂部を収穫した株です。


畑
畑は今季5回目の草刈りの途中です。
外周だけはブッシュで刈りましたが、畝の間はこれからです。

写真から、全体的に秋枯れが始まっているのがわかります。


苗置場
苗置き場は、手前の新苗が枯れ始め、中程の2年物は半分ぐらい枯れてしまいました。
外側の3年物の苗はまだ元気があります。

枯れ具合に差が出る原因は良く解りませんが、ポットの土の肥料の使い方と、
6月ころから斑点が出る症状の対策方法にあるような気がします。

シオデ栽培を始めて9年目となりましたが、まだまだ解らない事だらけです。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

昼顔の花と赤とんぼ

昼顔の花はシオデの大敵です
昼顔の花
シオデ畑のあちこちに昼顔が自生し、年を重ねるごとに少しずつ増えてきました。
花はきれいなのですが、ツルがシオデに絡まってシオデと一体化してしまうため、重くなってしまい、支線に余計な加重がかかってしまいます。
1本ずつ抜き取ればよいのですが、とてもそこまでは手が回りません。


草刈後
今年4回目の草刈りが完了しました。
シオデ畑2反歩の草刈りは、午前中の涼しいうちに1~2時間作業して4~5日かかります。



草刈失敗
ブッシュの振り加減を誤ると、シオデを刈り取ってしまい、2~3日後にはこのような無残な姿となってしまいます。



赤トンボ
もう赤トンボが出ており、秋の気配が感じられます。

この後も9月中旬には5回目の草刈りをしなければなりません。
10月の中旬に種子を採取してから支線を外し、幹刈りをすれば今季の作業が終わります。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m




新苗を鉢上げ

春に新芽を出した苗を鉢上げしました。
新苗
今年は発芽した苗が少なかったため、寂しい苗置き場となりました。

2年物
今年の2年物は、なぜかあまり元気良くありません。

3年物
3年物は元気いっぱいで、10月の出荷を待っております。

庭植え
庭に植えたシオデは元気に成長しました。
左端のシオデは、昨年と一昨年は成長不良でしたが、今年は復活したようです。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m




シオデの開花と結実

畑の<シオデが白い花を咲かせました。
開花
シオデは毎年この時期になると白い花を咲かせます。


結実
花が終わると雌株は青い実をつけます。
この実は、秋になるとブドウのような紫色に熟して中に種が出来ます。
雄株は雌株のように白い花を咲かせますが、実は付けません。


畑の様子
シオデ畑は雑草とシオデが伸びて、こんな状態になっています。
この週末は今年3回目の草刈りをしなければなりません。


畑4変色
畑のなかに、葉が変色したものがありました。
シオデ畑の中で、このように変色した個体をたまに見かけますが、原因は私にはわかりません。

シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m


シオデの種蒔き(続編)

シオデの種蒔き(後編より続く)
直蒔き
昨年の失敗を踏まえて、今年は苗箱以外に地面に直接種をまく方法も7年ぶりに取り入れることにしました。
花壇の隅の空きスペースを耕して畝を作り、種をばらまきます。
水稲用育苗箱を埋め込む方法も新たに試してみます。

直蒔き覆土
覆土は、苗箱に使用した覆土の残りを使用しました。

直蒔き養生
乾燥防止に稲わらマルチと籾殻マルチを覆土の上に載せてどちらが良いか試してみます。
苗床の周囲には、雑草防止のためスギの枝葉を挿してマルチ代わりにしてみます。
スギの枝葉は、ネズミよけと乾燥防止にも有効かと考えました。

二重ネット2
遮光ネットも黒色のネットの上にシルバーのネットをかけて二重にしてみます。

杉葉2
もう一カ所の苗置き場は、スギ林のそばに作ってみます。


囲い1
遮光ネットは、知人から譲り受けた古いネットで、遮光率のかなり高い物を使ってみます。
こちらは三角屋根風にしてみました。

囲い2
西日の当たる方に葦簀を立てかけて、日よけにすると同時に、中の様子が見やすいようにしました。

昨年はいつもの苗置き場一カ所にすべての苗箱を置いて夏を越し、失敗してしまいました。

今年の苗箱の保管場所は 1.いつもの苗置き場 2.桜の木の下
3.杉林のそば 4.花壇に直蒔き        の4カ所にして、リスクを分散してみます。

どこの苗が良くなるのか、今年の夏の天候次第です。

一昨年の夏の気象が、シオデの種の形成に何らかの影響を与えた可能性もあるかもしれず、
ムラの仲間の播種したシオデも、今年は新芽がほとんど出なかったそうです。

今年の種蒔き実験の結果は、8月下旬になればおおよそわかります。
8月下旬に発根していれば成功で、発根していなければ失敗となります。
さて、どうなる事やら....


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m





シオデの種蒔き(後編)

前編から続く
苗箱2
今年は乾燥防止のため「敷き藁」したものと「スギの葉」で覆ったものを試してみることにします。

苗箱3
シオデはスギ林の中や周囲に自生しており、スギとの相性は問題ありません。
苗箱がネコやほかの動物に「いたずら」されないようにするためにもスギの葉は有効と考えます。

苗箱1


桜の下
今年は桜の木の下にも苗箱を置いて夏を越してみようと思います。

昨年は、気候のせいなのか、苗箱の種がほとんど発根せずに秋を迎えたため、この春の新苗はごくわずかしか芽を出しませんでした。
一昨年の気候がシオデの種に影響したのか、昨年夏の気候のせいなのか、管理が悪かったのかは解りませんが、ムラの仲間のシオデも新苗がほとんど発芽しなかったそうです。

今年は一部の苗箱を昨年とは別の環境にして夏を越してみたいと思います。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m



シオデの種蒔き(前編)

先日、シオデの種蒔きをしました。
5月下旬までに種蒔きするのが理想ですが、今年は6月上旬にずれ込んでしまいました。
解凍
昨年の秋から冷凍保存していた種子を自然解凍します。

種1
解凍した種をボールに移して液果から種を取り出します。

洗浄
ゴム手袋をして液果を両手で良く揉んでつぶします。
何回も水を替えながら葡萄色の汁がほとんど出なくなるまで繰り返します。

無色に近くなったら素手になり、両手で挟むようにして良くこすり合わせて液果を分離させます。
お米を研ぐような感じで、種を洗い出していきます。

洗浄完了
しばらく作業を繰り返すと液果の薄皮もとれて綺麗な種となります。

播種1
大量の種子の中から、出来るだけ大きくて形の良い種を選んで一粒ずつ置いていきます。
種には形の悪い種や未熟な種、小さすぎる種が混じっており、良い種を選ぶのは一苦労です。

播種2
この苗箱はプラグトレーを利用して等間隔の型をつけてから種を2個ずつ蒔いています。

播種完了2
こちらはスジ蒔きした苗箱です。

覆土1
種をセットしたら、2~3㎝の厚さで覆土して種蒔き完了です。

私は、床土と覆土の配合作業と苗箱の準備、種の洗い出し作業におわれ、種蒔きはほとんど妻が担当します。
種まきは、なかなか根気のいる作業で、毎年協力してくれる妻に感謝です。

......後編に続く....

シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

シオデ収穫の実演

今回は畑で栽培しているシオデの収穫のようすをご紹介します。手で収穫1
胸元ぐらいまで立ち上がったシオデの頭頂部を20㎝~25㎝ほど手で折って収穫します。
手で収穫2


鋏で収穫
鋏を使うと綺麗な切り口になります。

三脚を使って自撮りしたら頭部がモロに写っておりました。
このアングルから自分の頭髪見たのは初めてで、髪が予想を超えて薄くなっており、
鏡に正面から写った自分との違いにちょっぴりショックですが、まさに64歳の自分の姿です。


脇芽収穫
頭頂部を収穫した後で伸びてくる脇芽も収穫できます。

約200g
収穫したシオデは野菜と同様に冷蔵庫で保存すると2~3日は日持ちします。


調理方法は、茹でたり、油炒めにしたり、サラダにしたり、天ぷらにしたり、さまざまな食べ方があります。
「山のアスパラ」とも呼ばれますので、アスパラの調理方法を参考にして下さい。

味は結構美味で、「山菜の女王」と呼ばれる事に納得します。
一番手軽なのは電子レンジでチンしてマヨネーズ醤油かドレッシングで食べる方法です。

味が濃いので、油で炒めて食塩をかけたり、オリーブオイルやゴマ油をかけてもおいしくいただけます。
我が家の一番人気は油炒めです。

太ければ良いというものではなく、細い物や脇芽の方が美味しかったりします。

太くて少し硬い部分は、皮をむいて炒めれば少し粘りけがあって、美味しくいただけます。
若葉の天ぷらもお試しください。

下手な食レポとなってしまいました。

あなたも「山菜の女王」「山のアスパラ」「幻の山菜」と呼ばれる「シオデ」を
自宅の庭で栽培してみませんか?


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

畑のシオデを収穫

畑のシオデを収穫しました。
収穫
今年の初物は平成21年に植えた50aから10本ほどしか収穫出来ませんでした。

萌芽1
マルチの植え穴が雑草で覆われていますが、雑草の中から元気に萌芽しました。


萌芽2
除草剤は原則として使用しませんが、増殖する「ギシギシ」と「ヨモギ」にはやむおえずワンポイントで使用する場合があります。


萌芽3
マメに草刈りして背丈の低い雑草が多くなるように管理するのが大変です。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

新苗ほとんど発芽せず...

今年の新苗は、ほとんど発芽しませんでした。
新苗2
昨年の新苗は半分失敗しましたが、今年は一箱から数本しか発芽せず、全部失敗してしまいました。



新苗1
中央の列と右側の列の苗箱は、昨年新苗をポットに鉢上げした残りを1年間管理したもので、昨年発芽しなかった種子から新芽が発芽したものです。
左側の列は、昨年の春に播種して年を越した苗箱で、今年の新苗となる物ですが、ほとんど発芽しておりません。


新苗3
この青い苗箱は、未熟な白っぽい種と液果の中の薄皮が残った種を試験的に播種したもので、薄皮が残った種子から1本だけ発芽しました。


一昨年の夏は、この苗置き場と東側の杉林に分散して苗箱を置いて適宜に散水して管理しましたが、結果は杉林の方が失敗で、苗置き場の方は成功しました。

それを踏まえて昨年の夏は苗置き場にすべての苗箱を置いて一昨年と同様に管理したつもりですが、結果は一昨年の残りからは発芽したものの、昨年播種したものからはほとんど発芽せず、失敗となりました。

原因は良くわかりませんが、一昨年に杉林に置いた苗箱は、猛暑で乾燥しすぎた為と推測されます。

昨年播種して苗置き場に置いて管理した苗箱からほとんど発芽しなかった原因は不明です。
同一エリアで同様に管理していた一昨年の取り残しの苗箱からは発芽しているのに...不思議です。

春に播種した種は8月に発根し、9月には発根の確認が出来るのですが、発芽しなかった苗箱の種は、昨年の秋には種が跡形もなく消滅していて発根が確認できませんでした。
秋に発根が確認できない場合、失敗した事はわかるのですが、やり直しは翌年にならないと不可能です。

今年は、これから冷凍していた液果から種子を洗い出して5月中に播種しますが、「播種方法」「苗箱の置き場所」「温度管理」「水管理」のすべてについて初心に帰って一から出直しです。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m












畑のシオデが萌芽開始

畑に栽培しているシオデの萌芽が始まりました。
畑1萌芽
雑草だらけのシオデ畑に、新芽の萌芽第一号を確認しました。


畑1
畑2
今年は、シオデ畑の草刈りをしないまま連休が過ぎ、畑の雑草がだいぶ伸びてしまいました。


タラの木1
こちらはタラノキ畑です。
剪定前は1本から複数の新芽が出ています。

タラの木2
穂木が混み合わないように新芽をかきとって1本立てか2本立てに剪定します。

昨日は新芽に群がる害虫の防除作業に追われました。
害虫に新芽を喰われたタラノキは枯れてしまいます。
毎年少しずつ害虫が増えてきており、穂木の生産量も年々減少してきました。

タラノキの剪定がひと段落したので、明日からは暇を見つけてシオデ畑の草刈りです。

還暦を過ぎてからは、年を重ねるごとに農作業が肉体的に負担と感じるようになってきました。
先月64歳を迎え、定年帰農は、還暦前に考えていたより、かなりつらいものだと感じるこの頃です。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m



シオデの発芽が始まりました。

桜の開花と共にシオデの発芽が始まりました。
苗発芽
シオデ苗の新芽は、元気な個体から順に発芽します。
数年成長したシオデは、太い個体ほど発芽の時期が遅くなります。


庭の桜
庭の桜が咲き始めました。
角館の桜も見頃となり、町は多くの観光客で賑わっています。


庭の山菜
庭に植えてある山菜「ホンナ」(当地の呼び名)も顔を出しました。

苗置場
苗置き場の日よけは、まだ未完成です。
天井部分は完成しましたが、西日が当たる西側はまだ骨組みだけです。
あとは遮光ネットを張れば完成です。


苗箱
昨年の春に播種した苗箱は杉林の横で冬を越し、こんな状態です。
秋に発根状況を確認したら、大部分の種子が消滅していたので、発芽は絶望的ですが....
少しでも新芽が顔を出してくれる事を祈ります。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m


やっと畑の雪が消えた

やっと畑の雪が消えました。
畑
雪が消えて畑の地面が顔を出しました。
その地面にはモグラやネズミの痕跡がたくさんありました。

庭
我が家の庭の畑は、除雪した雪山がまだ残っております。


苗置き場の雪はすっかり消えました。
苗3年物
3年物苗置き場
苗2年物
2年物の苗置き場

今年は昨年より比較的気温が低い日が多いような気がします。

今朝、冬タイヤから夏タイヤに交換しようかと思いましたが、小雪がちらついてきたので延期しました。
まだ寒くて、冬囲いの解体作業もする気になれません
早く暖かくなってほしいものです。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m




苗の除雪

だいぶ雪解けが進み。、春の訪れを感じるこの頃です。
苗
苗の発芽を早めるため、苗置き場の除雪をして苗に春の陽が当たるようにしました。
周囲の積雪はまだ30㎝以上あります。

庭2
自宅の畑には除雪した雪が、まだ小山のように残っております。

庭1
自宅前もご覧の通りです。

この時期、冬期間に除雪した雪山をショベルローダーで崩して切り返し、消雪を早めるのが恒例行事となっております。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m


熟年夫婦でスキー

今シーズン5回目のスキーに行ってきました。
スキー場1
スキー場は自宅からマイカーで2時間ほどの岩手県八幡平パノラマスキー場です。
岩手山の山麓に位置し、岩手山を望むことが出来ます。


リフト乗り場
この日は土曜日というのにリフト乗り場はガラガラです。


マイスキー板
スキー板は知人から安く譲っていただいた小回りがメインのデモ用モデルです。
すごく良い板ですが、年齢とともに板の重さが気になってきました。


パノラマ
このスキー場は、最上部から程良い緩斜面が続き、快適にクルージングが楽しめます。
ゲレンデからの眺望は素晴らしく、「パノラマスキー場」の名のとおりです。


ゲレンデ
ゲレンデはガラガラで、衝突回避に気を遣う事なく、快適にロングクルージングを楽しむ事が出来ました。

このスキー場は、急斜面が無いため熟年夫婦でスキーを楽しむには最適です。
リフト料金も安くて、近くに温泉もあり、毎年数回利用しております。

朝9時頃自宅を出発し、昼食を挟んで3時間ほど滑った後、温泉に入ってから帰宅するのがいつものパターンです。
今シーズンはこれが滑り納めとなりそうです。

シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m





クマ鍋・モーグルWC・あきたこまち

今年もモーグルワールドカップ秋田たざわ湖大会を観戦しました。
会場
田沢湖スキー場での大会は今年で3年連続3回目となります。
前日は雨で公式トレーニングが中止となる悪天候でしたが、当日はスキー日よりとなりました。


出店
会場には地元の名物料理を提供する出店が出てがローカル色いっぱいです。

クマ鍋の店
私は、毎年会場でクマ鍋や秋田のB級グルメを食べるのを楽しみにしております。

クマ鍋
これが「田沢湖猟友会」の秋田マタギが調理した一杯500円のクマ鍋です。
器を手にしたときに、一瞬モツ鍋のように、ほのかな獣のにおいを感じたような気がしましたが、
食べ始めると臭みは感じられず、良く煮込んだクマ肉と大根などの具は大変美味でした。

JAこまち娘
競技後の表彰式では、メダルと賞金のほかにJAから副賞として「あきたこまち30キロ」ずつが贈呈されました。
副賞のプレゼンターである市長のアシスタントとしてJAの「こまち娘」が和服姿で登場し、式典に華を添えました。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m





森吉山の樹氷とスキー

1月29日、森吉山の樹氷見学とスキーを兼ねて、妻と二人で北秋田市の阿仁スキー場へ行ってきました。
山麓駅
阿仁スキー場へは自宅からマイカーで2時間足らずで行くことが出来ます。
ゴンドラ山麓駅はスキーハウスを兼ねています。
ゴンドラとリフトのシニア4時間券は2千円と格安です。

ゴンドラ1
11時過ぎにゴンドラに乗り、山頂駅を目指します。

ゴンドラ2
山頂駅が近づくと、ブナの木に雪が凍りつき、とても綺麗です。

樹氷平1
「樹氷平」の樹氷とスキーウエア姿の筆者です。
今年の樹氷は暖冬のためかイマイチ育っておらず、少し物足りません。
それでも、スキー場の積雪は3メートルぐらいとの事です。

樹氷平2
樹氷見学のツアーも行われており、老若男女の観光客が手軽な樹氷見学を楽しんでおりました。
この日は晴天に恵まれ、森吉山からの素晴らしい景色も楽しむ事が出来ました。

樹氷見学の後はスキーを楽しみ、午後2時前にはスキー場を後にしました。
帰り道は「打当温泉マタギの湯」に立ち寄り、スキー疲れを癒やしてから家路につきました。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

まとまった雪が降りました。

雪が積もり、やっと本格的な冬が訪れました。
柿の木と畑

庭の雪
自宅前に今年も雪の山が出来ました。
昨年に続き、今年も雪が少なく、過ごしやすい冬となりました。

苗置き場
苗置き場の積雪は40㎝程度しかありません。

あけび棚
庭の隅にある、あけび棚の「あけび」の葉はこの季節でも青々としておりました。
真冬の山野に自生する「あけび」の葉は見たことがないため、庭の「あけび」の生命力に驚いております。

シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m



シオデの種子を冷凍保存

12月中旬、シオデの種子を冷凍保存しました。
種1
10月中旬に採取したシオデの液果は、まるで小粒のブドウのようです。
この一粒の中に、ブドウのように数個の種が入っております。

種2
大きくてしっかりした個体を選んで茎や葉を取り除きます。

種3
食品冷凍用のビニール袋に入れてメモ書きすれば準備完了です。

種4
黒茎と赤茎の優良個体から採取した種は、品種開発研究のため分類しました。
10袋ほどの種子は自宅冷蔵庫の冷凍室の一部を占領して越冬します。

種子の保管方法は、秋に液果から種子を取り出した後に土中で越冬する方法など、諸説ありますが、
この方法が一番手軽なので、この方法がメインです。

サンドイッチ
土のう
残りの種子は、ビニールネット袋に入れたうえ、水稲用育苗箱でサンドイッチ状態にして庭の花壇
に直置きし、土のうを載せて土中の環境に近い状態で越冬してみます。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m


柿の木に雪の花

雪景色
一面の銀世界が訪れ、大胆に切り詰めた柿の木にも雪の花が咲きました。
秋田に冬の到来を告げる「ハタハタ」の水揚げも始まり、本格的な冬が訪れました。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m


冬支度完了

初雪はすっかり消えてしまいましたが、間もなく本格的な雪の季節が到来します。
柿・畑
自宅敷地内の家庭菜園はモミガラと米ぬかをまいて耕しました。

庭
庭木の冬囲いをして、苗は庭の片隅に移動しました。
冬には、この場所が除雪した雪の堆積場所となります。


苗置場
事務所横の苗置き場も日よけを撤去して苗を整理しました。
中央のスペースは除雪機の通り道となります。

本格的な寒さと降雪の前に、なんとか冬支度を終える事が出来ました。
加齢と共に、下半身の寒さが身にしみるこの頃です。

シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m




モミガラくん炭焼き

近所の農家からモミガラを分けてもらって、モミガラくん炭を焼きました。米缶・煙突
昔の玄米保管用の缶を利用します。
この方法は月刊誌「現代農業」に載っていた方法です。


開始
缶の底に種火を焚いてからくん炭焼き用の煙突を立て、モミガラを投入して焼き方開始です。


3時間後
3時間ほどしてから、減った分のモミガラを追加してさらに焼き続けます。


6時間後
開始から6時間ぐらいすると、こんな風に焼き上がります。
ジョウロで水を少しかけてからビニールで覆い、コムバンドをかけて密閉し、空気を遮断します。
冷却
降雨に備えて蓋をし、風で蓋が飛ばないように重しを載せて一晩冷却します。
翌朝にはサラサラのモミガラくん炭ができあがります。


均一に真っ黒なくん炭にするのは少々コツがいりますが、何度か焼くと解ってきます。
このくん炭は、育苗箱の土やポット苗の培土に混ぜて使います。
今年の春に2回焼きましたが、秋までに使い切ってしまったので今回は3回焼きました。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  






シオデ苗の植え替え

植替前
秋の彼岸ごろになると2年物の苗はこんな状態になります。
来年3年物の苗として販売するため、植え替えをします。


根切り
ループ根
伸びてループ状になった根を切り詰めます。


植え替え
2年目より一回り大きなポットに、新しい土を使って植え替えます。


植替後
植え替え完了です。




シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜


優良児(苗)と落ちこぼれ(苗)

シオデの苗も個性があります。
優良苗
先月鉢上げした1年物の苗の中に、やたらと育ち具合の良い個体が数株ありました。


不良苗
手前の苗は、鉢上げした後に枯れてしまった苗です。
昨年までは、鉢上げした後で肥料焼けして枯れる苗が1割以上ありましたが、今年は、鉢上げポットの土を肥料分の少ない配合に変えたので、枯れる苗がほんの少ししかありません。


2年物
今年の2年物の苗は、あまり良くありません。
一昨年、育苗箱に播種した後に、夏期の水管理が悪かったため、翌年の発芽率が極端に落ちた苗なので、2年後になってもあまり良く育ってくれません。

苗作りはとても奥が深いと思うこの頃です。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m



シオデの雌株に実がついた

シオデの雌株に実がつきました。
庭シオデ結実
庭に植えたシオデの雌株に実がつきました。
庭に植えた数本のシオデは1本だけが雌株で、今年も実をつけました。
春の萌芽は雄株の方が見事ですが、残念な事に雄株から種を採ることは出来ません。


プランター
3年前に植えたプランターのシオデは、植え替えもせずにほったらかしておりましたが、右側の株が結実しました。

プランターも結実
地植えのシオデよりは弱々しい感じです。


1年物
7月下旬に育苗箱の新苗をポットに鉢上げしました。

1年物鉢上げ
鉢上げした新苗は、遮光ネッの下で養生しながら散水管理をして大切に育てます。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜





庭のシオデ2代目発芽

庭のシオデの2代目が自然に発芽しました。
庭の赤シオデ

自然に発芽

一昨年の秋に庭のシオデから自然に落ちた種から新芽が発芽しました。
この写真は6月14日に撮影したものです。

中央右側が親シオデの茎です。
この写真からは8本の新芽が確認出来ます。
裸の種も20個ぐらいは確認出来ます。

このように、シオデは自然に増殖しますが、実際の自然界でシオデが群生しないのは、
太陽光の争奪戦で雑草に負けたり、虫に食われたりして生き残る個体が少ないせいだと思います。

また、自然に発芽した新芽は、苗箱に播種した新苗よりは弱々しい感じがします。



庭のシオデ
この写真は6月29日に撮影したもので、上の写真と比較すると2週間の成長具合がわかります。

上の写真中央部のシオデを収穫する場合は、あと30㎝~40㎝程度伸びた頃が収穫適期となります。

山菜採りの場合は、この状態でも収穫してしまいますが、栽培している場合は収穫後もシオデが成長できるよう、
脇芽が育つように下部を残してあげましょう。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜




シオデの種蒔き

5月下旬、昨年の秋に採取したシオデの種を蒔きました。
苗箱全景
今年は育苗箱24個に約16000粒の種を蒔きました。

昨年の秋に優良な個体から採取して冷凍保存していたシオデの種を解凍し、液果から種を取り出して播種します。
ブドウのような液果から種だけを取り出すのは、根気のいる作業です。

秋に採取し、種を取り出して秋の内に播種する方法と、種を地中に埋めて越冬してから春に播種する方法は文献にも載っておりますが、冷凍して越冬する方法は文献では見かけませんでした。
私のシオデ栽培は、7年前に「村おこし集団プロジェクトS」の代表で、地域のシオデ栽培の先駆者である下田さんからもらった冷凍種子から始まった訳で、これまでに様々な方法で播種し、苗を育ててきました。

試行錯誤の末に、越冬すると雪の重さで育苗箱が破損するリスクを避け、育苗箱の管理期間を短縮するため、冷凍種子を春に播種する方法が自分には一番良いとの結論に達しました。

晩秋の種子洗い出し作業と種蒔きは、冷え性である私には向いていません。
私にとっては、暖かい春の作業の方が向いております。


選別1
選別2
優良な個体から採取した種子であっても、大きさや形は様々です。
大粒で形の良い種を根気よく選別します。
この作業は大変根気のいる作業で、妻の協力なくして成り立ちません。
妻は数日かけて1万数千粒の良い種を選別してくれました。感謝感謝。


播種状況
播種の密度も数年にわたって試行錯誤の末、セルトレ-の穴を利用して等間隔に播種する方法にたどりつきました。
この方法も、まだ進化の途中で、毎年苗の育ち具合を見ながら進化を続けることになります。
この上に2㎝程度の覆土をし、充分に散水します。


播種実験
今回は、選別して除外した種も試験的に育て、研究材料にする事にしました。
結果が出るのは1年後です。

今回蒔いた種は、今年の7月から8月にかけて発根し、来年の春に桜の咲く頃新芽を出します。
一番上の写真の左側の新苗は1年前に今回と同様に種を蒔いたものです。
昨年から今年にかけては半数が失敗となりましたので、今年から来年にかけてはリベンジしたいものです。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜




最強の赤色系シオデ

赤色系のシオデは元気に育つようです。
赤系1
5月下旬に頭頂部を収穫した赤色系のシオデです。
この個体は脇芽の生長が良く、脇芽も収穫できそうです。


赤系2
これも頭頂部を収穫したあとの赤色系のシオデです。
この個体は上の写真の個体より脇芽の数が少ないようです。


赤系3
この個体は太くてまっすぐに育っておりますが、脇芽の数は多くありません。


畑1
この個体は一昨年まで一番成長の良い株でしたが、昨年から本数が増えて芽が出るものの、細くなりました。
これは赤色系ではなく、緑色系の個体です。

シオデは不思議な植物です。
赤色系、緑色系、紫色系の個体があるようですが、詳しい文献はありません。
山取りしたシオデの種から苗を育て、定植して8年目となる私の畑には様々なシオデが育ち、
シオデの種類や生態について詳しく観察できるようになりました。

私には特性別に優良なシオデの品種を開発する将来の夢があります。

赤色系と緑色系の種から育てた苗を5年前に植え付けてありますが、赤色系の種から全部赤色系の子が育つのか、
赤色系の種から他の色の子が育つのか、2~3年先でないとわかりません。

今年の秋に一番上の写真の個体から種子を採取して2世を育てても、結果がわかるのは8年程先になります。
なんとも気の長い話になりますが、チャレンジしてみようと思います。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ




シオデ萌芽・初収穫

「ひでこの里」は田植えが真っ盛りとなりました。
田植えの季節はシオデの季節です。
収穫
平成21年の秋に1年物の苗を植えた畑からシオデを今季初収穫しました。
50aの畑から収穫出来るのは、1回に一掴みか2掴み程度です。


畑・萌芽-1
畑・萌芽-2
上の写真は5月24日撮影で、下の写真は5月27日撮影です。
3日間でこれだけ成長します。


立ち上がり
みごとに立ち上がった赤色系のシオデ。
赤色系のシオデが他の系統より早く萌芽するようです。


太いシオデ
指の太さと比べてみました。

5月の連休に草刈りした畑は、雑草がだいぶ伸びてきました。
今年も、本業の合間をぬって雑草と格闘する日々が始まりました。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m


失敗苗とループ根の実験

発芽に失敗した苗を整理しました。
発芽失敗
左が発芽に成功した苗で、右が失敗した苗です。
前のブログには、失敗した苗箱も1年間管理して様子をみるように書きましたが、苗置き場の有効利用を考え、一つにまとめて植え替える事にしました。

発芽成功苗
成功した苗は、こんなに元気に育っております。


苗箱植替
失敗した10個以上の苗箱から発芽したシオデは数える程しかありませんでした。


ループ根1
ループ根2
こちらは、2年物の植え替え時にカットしたループ根から新芽が出るか実験した写真です。
昨年6月にカットしたループ根を苗箱に入れて覆土し、ほかの苗と同様に水やりして管理しました。
一箱のループ根から2つの新芽が発芽したようですが、立派な新芽とは言えませんでした。

株分けによって苗を増やす方法もあるそうですが、実生で増やす方法が私には一番合っていると感じました。

発芽に成功した苗は、久しぶりに立派な苗に育っています。
杉林に播種した苗箱を並べて自然に任せても、その年の気象条件によって発芽率が大きく変動します。
播種してから発芽まで1年間の日照と水分の管理がいかに大切かということが栽培7年目にしてやっとわかりました。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜

シオデの萌芽始まる

ひでこ畑のシオデの萌芽が始まりました。畑1

畑2
ひでこの里も、田植えの季節となり、栽培しているシオデの萌芽が始まりました。



苗1年物
1年物の新芽は、発芽した苗箱の方は順調に育っています。
失敗した方は来年まで管理して、来年発芽するかどうかを見極めます。


苗2年物
こちらは2年物の苗です。
秋まで育てて、来春に3年物苗として販売します。


苗3年物
3年物の苗はだいぶ売れました。
元気には発芽した苗から順に発送しておりますので、春苗は冬期に予約してお買い求めになった方が良いと思います。

4月末の連休から、本業そっちのけで農作業を続けてやっと一段落しましたが、これからは溜まった本業を処理するため
残業続きの忙しい日々がしばらく続きます。

倒れない程度に頑張るのですが、還暦を過ぎてからは気力体力の低下が著しいと実感するこの頃です。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2


にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜










プロフィール

ひでこ屋

Author:ひでこ屋
秋田民謡「ひでこ節」発祥の地で、山菜シオデ(別名ひでこ)の栽培に取り組み、シオデ苗の通信販売を始めたオヤジのシオデ栽培日記です。還暦をすぎて、本業の土地家屋調査士・行政書士からシオデ苗生産販売・農業への転職を目指しています。

☆取り扱い商品
  シオデ(別名ひでこ)苗
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR